#せっかく大分にいるなら「ベリーツ(いちご)」食べちょくれ~苺パフェ食べ歩き


 旬のいちごを使った苺パフェを求めて、ちょっとドライブ。大分には新しい県産品種「ベリーツ」といのが出来て、福岡の「あまおう」に負けじと売り出し中だ。

まずはベリーツ情報から・・・・・・

●ベリーツとは?

ベリーツは、8年の歳月をかけて開発された大分のブランドいちご。鮮やかな赤色と、甘さと酸味のバランスの良さが抜群。シーズンを通して糖度が高く、その特徴から「ストロベリー」と「スイーツ」をかけてベリーツと名付けられた。

●いちごの魅力

香や甘み、酸味のバランス。ビタミンCが豊富、虫歯予防に効果のあるとされる「キシリトール」も含まれている。

●ベリーツの出荷時期

ベリーツは、11月頃から6月頃まで出荷。露地いちごの出荷は春先からだが、ビニールハウス栽培で11月頃から旬の美味しいベリーツを食べられる。

大分市中心部から1時間ドライブで行ける、地元の新鮮ないちごを使った苺パフェ店を紹介!

ベリーファーマーズキッチン カフェ あっきらきら農園内

大分県豊後大野市にあるイチゴの観光農園にあるカフェの苺パフェ。県南最大規模のハウスには、約4万本のいちごを栽培。こちらでは、時間無制限食べ放題のいちご狩りを体験できる。

大迫力の苺パフェ!!ごろごろいちごと生クリーム、アイスが絡まってひとりでは食べきれない感じ。(実際ふたりでひとつオーダーして、食後コーヒーを)可愛いショップも充実していて楽しめる。また、肌寒いときはイートインのストーブ付ビニールハウスもあり万全だ。小さい子向けの遊具もあり、老若男女、ファミリー、カップル問わずといった施設だ。他にも農家ならではのこだわりのスイーツを提供している。

大分県豊後大野市三重町小坂1968番地

BIG Berry

臼杵市諏訪にある『いちご農家のテイクアウトカフェ~BIG Berry~』。アパートの1Fにあるのでちょっと分かりづらいが、道沿いののぼりを頼りにパーキングへ。

これまた大迫力の一品。生クリームにアイス、カステラ入りで、ヨーグルト、ジャムもトッピング。いちごは当然ゴロゴロ、甘くて美味しい。苺パフェなどのスイーツ以外に軽食も販売されている。いちごのシーズンOFFでも、冷凍いちごを使用して1年中いちごのメニューが提供されるとのこと。イートインが無いので車中で頂きましょう!

大分県臼杵市諏訪平岡1 ハーメイン平岡106

はなえみ工房とカフェ

大分から由布院方面へ向かう210号線沿いにあるテイクアウトのカフェ。青い屋根をした平屋の建物が目印。いちご農家のイチゴを使った加工品や各種スイーツがテイクアウトで楽しめる。

食後に丁度いいサイズのミニ苺パフェ。特性のアイスクリームと相まって食べやすい。ミニながらベリーツも沢山入っている。由布院に行く途中の人たちが立ち寄りやすいので、開店時前から行列が出来ている。(基本、土日しか営業していないので注意!)狭いがイートインもあり、その他のオリジナル加工商品も販売されている。

大分県由布市庄内町大龍1704

格安レンタカーを一括検索するならエアトリ